ドライアイコンタクト

コンタクトは、眼球に直接レンズをかぶせるというシステムなので、裸眼の人に比べるといろいろなトラブルが発生しやすくなります。

そのなかで最も多いのが「目がゴロゴロする」という違和感。単なる異物による一過性のものなら、取り除けばいいのでそれほど心配はいりません。

しかし、長く続いている場合、眼球に傷がついていたり、病気の可能性もあるので病院で検査してもらう必要があります。

コンタクトがゴロゴロする4つの原因

①目とコンタクトの間に異物がある

ドライアイ症状

今までなんともなかったのに、急に眼がゴロゴロしてきた場合、目とコンタクトの間に異物が入り込んでいる可能性が高くなります。目は異物が混入すると、涙によってそれを洗い流そうとします。

ところが、コンタクトを付けていると、目が乾燥しやすくなって、ゴミなどが取れにくいという傾向があります。この場合、とくにまばたきをした瞬間にゴロゴロすることが多くなります。

②目が乾燥している

コンタクトを付けていると目が乾燥しやすくなります。とくにソフトレンズを装着している場合、目の乾きによってゴロゴロする場合があります。

異物がないのにゴロゴロする、コンタクトを外してもゴロゴロするという場合は、目の乾燥を疑いましょう。

③コンタクトが合っていない

コンタクトにはいろいろなメーカーのものがあります。

さらにソフトやハード、ワンデイ、2weekなど、同じ度数やベースカーブであってもその時の自分の目のコンディションに合っていなかったりすると、目がゴロゴロすることがあります。目はとてもナイーブですから、メーカーによって装着感が微妙に違っており、目がゴロゴロする原因になっているのかもしれません。

④目の傷や病気の可能性

コンタクトは着脱する時に、手にばい菌がついていたり、コンタクトの洗浄が十分でなかったりすると、病気にかかったり、角膜に傷がつきやすくなります。

 

コンタクトにはソフトとハードがありますが、ソフトは柔らかく、メンテナンスも楽なので人気があります。しかし、角膜に傷がついた場合、ちょうど絆創膏のような効果があるため傷に気が付きにくいというデメリットがあります。

一方、ハードは傷がつくと痛くて装着が困難になるので、悪化する前に気づくことができます。

コンタクトがゴロゴロしたときの5つの対処法

①レンズと目を洗う

レンズと目の間に異物が入り込んでいる場合、最も確実なのはレンズと目を洗うことです。

家にいてレンズケースと洗浄液があれば、まずこの対処法を実践してみましょう。目を洗う時には、擦らずに流水で洗うようにしましょう。

②まばたきを繰り返す

ドライアイ原因

外出先などで目がゴロゴロしてしまった場合、簡単な対処法として、まばたきを繰り返して涙を出してゴミなどに異物を取り除きます。

この場合、パチパチではなくギューっと強くまばたきを繰り返しましょう。オフィスなどにいて、コンタクトを洗浄できなかったりするときの応急処置です。

まばたき体操についてはこちら

③目薬を差す

ドライアイ目薬

コンタクトをしていて、一時的に目が乾燥してゴロゴロするという場合には、市販の目薬を試してみましょう。ドライアイ専用の目薬が効果的です。

ただし、市販の目薬には防腐剤が入っていたり、血管収縮剤などの添加物が入っている場合が多いので、気になるという人は使い切りタイプの目薬や病院で処方してもらいましょう。

おすすめの目薬についてはこちら

④病院に行く

目がゴロゴロする症状がなかなか取れなかったり、目が充血する、物が見えにくくなるなど他の症状が現れた場合など、結膜炎、さかさまつけ、紫外線による電気性眼炎といった可能性もあります。

コンタクトをすぐに外して眼科で詳しく診てもらいましょう。

⑤思い切ってレンズを変えてみる

特に目に異常がないのに、なんとなくゴロゴロするという時には、レンズとの相性を考えてみましょう。

今使っているレンズを変えてみるという選択肢もあります。通っている眼科で取り扱っているメーカーが限られている場合、処方箋があればほとんどのコンタクト屋さんでいろいろな種類を選ぶことができます。

またインターネットで、度数とベースカーブさえわかっていれば処方箋なしでも購入することができます。

おわりに

コンタクトを付けていると、さまざまな目のトラブルは避けられません。その代表的なものが「ゴロゴロする」という違和感です。

この違和感を何となく些細なこととして放置してしまうと、視力が落ちてきたり、首や肩が凝ってしまう眼精疲労になりやすくなったり、病気を見過ごしてしまう可能性があります。

コンタクトでの目のゴロゴロは、目からのSOSととらえて、まず病院で検査してもらうのが大切です。