ドライアイ

 

「目がチカチカする・・・」

パソコンに集中しすぎて、目が悲鳴を上げていませんか?

 

そんな時は、パソコン用メガネがおすすめ!

パソコン用メガネで、ブルーライトカットするだけで、目の負担が全然違うんです。

 

今回は、ドライアイ対策のパソコン用メガネについて、ご紹介します。

ブルーライトカットって効果あるの?

そもそも、ブルーライトとは、波長が380~500nmの領域にある青色光のこと。
紫外線に次いで高いエネルギーをもっているため、刺激が強い光です。

 

太陽光などにもブルーライトは含まれますが、パソコンやスマホからの光に、特に多く含まれます。

まずは、そんなブルーライトをカットした3つの効果をお話します。

効果① 目の疲労感が違う!

パソコン用メガネをかけると、若干黄色く見えますが、目のチカチカがなくなります。

メガネをかけないと、色は綺麗ですが、まぶしい光が目に入ってくるのが辛いんですよね。

 

特に、パソコン用メガネを長時間使った後に、メガネ無しでパソコンを見ると、その違いがよくわかります。

ドライアイは、目の疲れや精神的な疲れも原因の1つですので、ドライアイの対策にも有効です。

効果② 目の影響が違う!

ブルーライトは、想像以上に、目に悪影響を与えています。

 

まず1つは、”網膜”への影響。
網膜は、目の内側にあり、光を視覚情報に変換するという重要な役割を持っています。

ブルーライトを見すぎると、網膜の中心にある黄斑が傷つき、網膜疾患の原因の1つとなります。

 

2つ目は、”角膜”への影響。
角膜は、黒目の部分にある透明の膜で、光を取り入れるフィルターみたいな役割があります。

ブルーライトを見すぎると、角膜を通して、顔面神経が刺激され、目の強い痛みを感じたり、目の裏がズキズキするような痛みが走ります。

効果③ 睡眠への影響

寝る直前にスマホをいじっていると、眠れなくなるってよく聞きませんか?

この行為は、興奮させて眠れないだけでなく、ブルーライトの影響で、”メラトニン”という眠気を誘うホルモンが分泌されにくくなってしまいます。

 

ですので、寝る直前だけでなく、長時間ブルーライトを浴びていると、睡眠へ大きな影響を与えてしまいます。

また、神経も過敏になってしまうため、体内時計も狂いやすくなってしまいます。

睡眠とメラトニンの詳細はこちら

おすすめのパソコン用メガネは?

JINSやZoff、眼鏡市場など、多くのパソコン用メガネがありますが、おすすめは

JINS SCREEN!

 

JINS
 

JINSはデザインもおしゃれで、安い!

 

さらに

①ブルーライト研究会認証企業
②医師推奨マーク「AskDoctors」マーク
③ブルーライトカットメガネNO.1

この3拍子が揃っていて、安心できます。

 

JINSは全国にあるので、近くの店舗に行ってみてくださいね。

パソコンでもブルーライトカットができる!?

パソコン用メガネもおすすめですが、実は、パソコン側でもブルーライトカットができます!

その無料ソフトが、「f.lux」というフリーソフト。
「f.lux」のダウンロードは、公式サイトから。

 

パソコンの画面を、パソコン用メガネのような見え方にしてくれます。

 

使い方は、簡単。
インストールして、この部分をいじるだけです。

flux2

 

ただ、デザインなどをしている方は、本来の色がわからなくなるので、おすすめできません。

パソコン用メガネの方が安心感があるので、パソコン用メガネ+「f.lux」の併用がおすすめですよ~!

さいごに

パソコンやスマホからのブルーライトは、気付かないうちに目にダメージを与えています。

そのダメージが目の疲れや精神的な疲れとなり、結果的にドライアイの原因になってしまうのです。

PC用メガネとパソコンのブルーライトカットするだけでも、目の疲れが全然違いますので、試してみて下さいね。

 

また、ドライアイの原因と治し方について詳しく知りたい場合は、まとめていますので良かったらご覧になってください。
ドライアイの原因と治し方についてはこちら