ルテインは、最近注目されている黄の黄色天然の色素です。

カロテノイドの一種で、目に発生する活性酸素を抑え、老化や病気から目を守る働きがあることがわかりました。

ルテインは、人の体のいろいろな場所に存在しています。そのため副作用といったこともなく、いたって安全な成分です。

 

しかし、残念なことに体内で合成することができないので、食べ物から補うしかありません。

ルテインの働きと具体的な目への効果。そして、どのようにしたら効率よく摂取できるのかをご紹介します。

ルテインの働きとは

ルテインとは、緑黄色野菜や植物の緑の葉に多く含まれるカロテノイドです。カロテノイドというのは、植物が太陽の有害な紫外線から身を守るために作り出した物質です。

特に、黄色のカロテノイドであるルテインは、私たちの目の黄斑部に多く存在して、光から目を守ってくれる働きがあることがわかりました。

 

人間の目は常に外部と接触しており、目を開けている間は紫外線はもちろんのこと、ブルーライトなどのさまざまな有害な光にさらされることになります。

特に最近ではスマホやパソコン、テレビ、照明に白色LEDが使われ始め、目への負担が著しいものになっています。そのため、目の老化や疾患を誘発する活性酸素が発生しやすい環境となっているのです。

 

ルテインは植物が光から身を守るための物質で、非常に強い抗酸化作用を持っています。

抗酸化物質であるルテインは活性酸素を中和してその働きを抑制することで、目を光から守ってくれています。

 

私たちの周りでは、24時間光が氾濫しています。その光から目を守るためにルテインを積極的に摂取することが大切です。

ルテインの目への効果とは

①ドライアイを予防する効果

黄斑部には、ルテインが集中しています。黄斑部は網膜の中心にあって、直径2ミリ程度の非常に小さな点ですが、外からの像を結ぶ場所となっており、非常に重要な部分です。

カメラにたとえるとフィルムのような役割をする部分です。ルテインが集中しているため、顕微鏡で見ると黄色く見えるためこの名前がついています。

 

黄斑部は、目の中でも特に光が集まる部分で、視力を左右する器官でもあります。そのため光からの刺激を受けやすく、ルテインが集中して存在することによって、ブルーライトのような有害な光をブロックする働きがあります。

したがって、ブルーライトからのダメージを受けにくくなり、ドライアイを予防する効果があります。

②白内障を予防する効果

白内障は、水晶体にあるタンパク質が活性酸素によって白く濁ってしまうため、視力が落ちたり、物が見えづらくなってしまう病気です。白内障は加齢によって40歳くらいから進み、60歳では70%、80歳以上ではほぼ100%の割合で発症します。

 

ルテインは水晶体に集まって、入り込んでくる有害な光線を吸収する働きがあります。そしてその抗酸化作用によって活性酸素を抑えて、タンパク質の変性を抑える効果が期待できます。

③炎症を抑える効果

ルテインは抗酸化作用を持つと同時に抗炎症作用も持ちます。そのため、ぶどう膜炎等の炎症を伴う眼病の予防にも効果的です。

ぶどう膜炎は、ブドウ膜にあらわれる病気の総称ですが、目が赤くなったり、目が痛くなったり、視力の低下やモノがゆがんで見えるなどの症状が出ます。

ルテインの抗炎症作用は、こういった炎症を引き起こす因子の働きを抑え、ぶどう膜炎の症状を和らげてきます。

ルテインを多く含む食べ物とは

ルテインを多く含む食べ物は主に緑黄色野菜です。その中でも特に多く含まれているのがパセリで、100g中10㎎のルテインが含まれています。その他には、ほうれん草、ニンジン、カボチャなどの色の濃い野菜に多く含まれています。

 

ルテインは脂溶性です。油との相性が良く、油を使った料理と一緒に食べると効率よく吸収できるので、炒めたり、揚げたりする調理法がおススメです。

ルテインの1日の摂取量は6~10㎎を推奨されていますが、目を守るという目的のためにルテインを摂取するとしたら、20㎎以上の摂取が望ましいともいわれています。

 

この量を野菜だけで摂るとなると、パセリを200g以上、ニンジンを30本以上も食べなくてはなりません。

そこで活用したいのがサプリメントです。ルテインのサプリメントは、副作用の心配もなく、継続しやすいのでおススメです。

おすすめのルテインサプリの感想はこちら
ドライアイに効くサプリメントのおすすめは?

おわりに

ルテインは、年を取るとともに減っていきます。40歳くらいから白内障が始まるとしたら、早めにルテインを摂取しておいたほうがいいでしょう。

とくに、普段からパソコン作業が多い人は、ブルーライトによって目に活性酸素が多く発生している可能性が高くなります。

食事は緑黄色野菜を意識して、普段から野菜ジュースを飲む習慣をつけておくといいでしょう。