まぶたが自分の意志とは関係なく、ピクピク動いたことはありませんか?

大切な人との会話の途中でまぶたが痙攣すると焦ってしまいます。

 

なぜまぶたはピクピク痙攣するのでしょうか?

ここでは、まぶたが痙攣する原因と対策を解説していきます。

まぶたの痙攣の種類

まぶたの痙攣には大きく分けて「一時的な痙攣」と「慢性的な痙攣」があります。

一時的な痙攣の場合は、それほど心配ではありません。

しかし、慢性的な痙攣には病気が潜んでいることがあり、治療や手術をしないと悪化して生活に支障をきたすこともあります。

一時的な痙攣

一時的な痙攣の典型が「顔面ミオキミア」です。

まぶたの周りにある神経「眼輪筋」の一部に異常な興奮が発生すると起こる症状。

目が疲れたときや寝不足のときに起こりやすく、目を休めることですぐに回復します。

 

疲労によって起こることが多く、あまり心配いらないのですが、脳が関係すると脳腫瘍などの疑いや脳血管障害などが原因となっていることもあるので、長く続くようなら病院で検査してもらいましょう。

慢性的な痙攣

一時的なものではなく、長く続く目の痙攣は注意が必要です。

慢性的な痙攣で最も多い病気が「眼瞼痙攣(がんけんけいれん)」です。

 

最初はわずかな目の痙攣から始まりますが、症状が進むと自分の意志で開け閉めできなくなります。まぶしかったり、目が乾いたりする感じがするなど、まるでドライアイのような症状が出るため、間違われることもあります。

 

治りにくい病気で、40~50歳以上の女性に多い病気です。軽症から重症までの発症数としては、国内だけでも30~50万人いるといいます。多くの場合は原因が不明で、完治には長い時間を覚悟しなくてなりません。

まぶたの痙攣の出方による原因

下まぶたが痙攣する場合

下まぶたが不規則に痙攣する場合に考えられる原因は

・睡眠不足
・長時間のパソコン作業
・脳腫瘍
・多発性硬化症
・顔面神経の損傷
・眼精疲労

などが考えられます。ほとんどが一過性のものですから、あまり心配の必要はありません。

片側の目の周りが痙攣する場合

片方の目の周りで軽い痙攣が起こり、さらにその痙攣が頬や口の周り、あごなどへと移っていった場合、「片側顔面」かもしれません。

脳に行く血管が顔面の神経を圧迫して起こる症状で、脳神経外科による検査と治療が必要になります。

両目のまぶたが痙攣する場合

最初は下まぶた、そのうちに上のまぶたも痙攣が始まります。目がしょぼしょぼして、まばたきが多くなる場合は眼瞼痙攣が考えられます。

原因として考えられこととして、ストレスやパーキンソン病、脳梗塞、抗うつ剤の長期使用といったことが考えられます。

まぶたの痙攣の3つの治し方

①定期的な休息

眼の疲れが原因でまぶたが痙攣する場合、その疲れを取り除く必要があります。

たとえば、不必要なパソコンやスマホは控える、1時間パソコン作業をしたら10分以上は目を休めるといった工夫が必要になります。

②マッサージをする

長くパソコン作業をすると目の周りの血行が悪くなって、筋肉が固くなります。血行をよくするためにマッサージをしましょう。

眼球はとてもナイーブなので、強く押さずに目の周りを優しく指の腹で押すような感じでマッサージします。

③温めたタオルで血行を良くする

湿らせたタオルをレンジで温めて痙攣している目に当てましょう。

血行が良くなることで目のコリが解消され、目の痙攣も治まってきます。市販のホットアイマスクを利用すれば、オフィスでも手軽です。

おわりに

目のまわりの筋肉がピクピクと痙攣するのは、誰にでもあることです。

ほとんどの人の場合、目の疲れや寝不足による一過性のもので心配する必要がないケースがほとんどです。

しかし、目の痙攣が慢性的に起こる場合や症状が悪化する場合には、なんらかの病気が潜んでいる可能性があるので眼科を受診することをお勧めします。