目の下にクマができると、疲れて見えたり、老けて見られる原因になります。

ひと口に目のクマといっても、実は大きく分けて3種類あります。

 

それぞれ原因が異なっているため、対処法も違ってきます。そのため間違った対処法をしてしまうと、かえってクマがひどくなることも。

目の下のクマは健康のバロメーターでもあります。体からのSOSに耳を傾けましょう。

目のクマの種類と原因とは

①色素沈着が原因の茶クマ

茶クマには、厳密には2つの種類があります。

ひとつは、表皮にできたシミのようなもの。
もうひとつは、真皮の奥に沈着したメラニン色素です。

 

表皮にできる茶クマの原因は、紫外線によるダメージによるものや、アイメイクを落とすときに目をこすり過ぎることで色素沈着を起こします。

また、目の周りの乾燥によって、皮膚が刺激されて茶クマになることもあります。

真皮の奥にできる茶クマの場合は、「遅発性両側性太田母斑用色素班」と呼ばれるもので、一種のあざで、20歳前後に目立つようになってきます。

②血行不良が原因の青クマ

目の周りには、細かな毛細血管が通っています。目の下の皮膚は非常に薄いため、この毛細血管が透けて見えます。

だったら、ほんのり赤く見えるのではないかと考えますが、血行の良い場合は赤くなります。お酒を飲んだときに目の周りが赤くなるのは、血行が良くなったからです。しかし、血行が悪いと黒っぽい青に見えるのです。

 

血液の赤は、赤血球の中にあるヘモグロビンの色です。ヘモグロビンは酸素と結合することで鮮やかな赤を維持しています。

そのため血行が悪く、血液に十分な酸素が行き渡らないと血液の色も黒っぽくなってしまうというわけです。冷え性だったり、睡眠不足や眼精疲労などでも血流が滞ると、青クマができやすくなります

③老化が原因の黒クマ

目の下にもともと脂肪が少なかったり、加齢によって、脂肪がたるんでしまったりすることで、目袋ができます。

すると皮膚のくぼみが目立って影となり黒クマが目立つようになります。黒クマはシミではないので、コンシーラーなどのメイクテクニックでは隠し切れません。

種類別目のクマを消す方法

①茶クマを消す方法

目の周りへの刺激を極力少なくすることが大切です。外出する時には必ず紫外線を防ぐためにサングラスをかけましょう。

 

またアイメイクを落とすときも、ゴシゴシこすらずにやさしく落とすように心がけてください。目のまわりの乾燥を防ぐため、保湿を十分に行いましょう。できてしまった茶クマには、ビタミンC誘導体配合の美白用スキンコスメを使ってみましょう。

 

真皮の奥にできる茶クマの場合は、美白化粧品では効果が期待できません。現在はレーザー治療が一般的になっています。

②青クマを消す方法

目の周りの血行をよくすることが一番の近道です。ホットタオルで温めたり、目の周りのマッサージも効果的です。

マッサージはできるだけこすらずに、アイクリームなどを使って滑りをよくしてから行うようにしましょう。

 

目の疲れも青クマの原因になります。睡眠を十分にとって、長時間のパソコンやスマホはできるだけ避けるようにしましょう。

冷え性の人は、目の周りの血行だけでなく、体全体の血行をよくするために、適度な運動や半身浴などを習慣づけましょう。

③黒クマを消す方法

目元のアンチエイジングを心がけましょう。目元のハリを維持するために、目元専用の美容液を使ったり、マッサージを習慣にするといいでしょう。

黒クマになってしまったら、ヒアルロン注射などで、皮膚のへこみをなくす方法もあります。

おわりに

目の下のクマの原因によって、それぞれ対処法が違うので、自分の目の下のクマをよく観察してみましょう。

冬になると、特に女性はクマが出やすいといいます。それは乾燥しているから。

空気が乾燥しているうえに、アイメイクを落とすのにクレンジングを使うので、目の下の皮膚はカサカサ状態になってしまいます。

 

寒さで血行が悪くなっているので、余計にクマが出やすい環境というわけです。黒クマになる前に、若いうちからしっかりと目元のケアをしておきましょう。