朝起きた時に目の周りに目やにがついていることは、一度は経験がありますよね。

目やにがどうして出るか知っていますか?

 

最近、目やにが大量に出ている、目やにの色が黄色い、ネバネバするなどの異変が現われていたら、目の病気が原因となっているかもしれません。

ここでは、目やにが出る理由や病気の可能性についてご紹介します。

目やにが出る理由は?

目やには、医学用語で眼脂(がんし)と呼ばれ、目に入ったホコリや古い細胞、老廃物や涙などの分泌物が合わさって出来ています。

このように、目に溜まる不要物を包みこみ、外に追い出す働きをするのが、目やにの主な役割です。

 

通常、皮膚の垢や鼻くそと同様に誰でも出来る物ですが、目やにが多かったり、目やにの状態によっては病気が原因で出来ている可能性もあります。

目やにが多いと病気の可能性がある?

目やにが付くのが気になるのは、やっぱり朝方ですよね。

通常、目の老廃物は涙と一緒に、涙道を通って鼻腔に運ばれ、鼻の老廃物と一緒に混じり、鼻くそになります。

 

しかし、睡眠時は瞬きをしない為、涙の循環が悪くなり、鼻の方に運び辛くなり、目に溜まった老廃物が目やにとして排出されます。

 

その為、朝起きたときに目やにがつくということは、普通のことですが、目が開けられないほど、大量についていたり、日中でも目やにがついている場合は病気の可能性が挙げられます。

 

花粉、ハウスダストやコンタクトレンズの汚れから引き起こされるアレルギー性結膜炎、はやり目と呼ばれるウイルス性結膜炎、疲れ目や眼精疲労などの目の病気にかかった場合は、目やにが多く出ます。

 

また、目やにが多いだけでなく、色や状態にも異常がある場合は、病気の可能性があります。

色が白い、黄色い、ネバネバしている、ねっとりとしているなど、目やにに何かしら異常を感じた場合や、目やにに合わせて目の痛みや充血などの異変が現われた場合は、すぐに眼科医を受診されることをおススメします。

コンタクトを装着していると目やにが多い?

コンタクトレンズを装着している場合、目やにが出ることがあります。

目は何らかの異物や刺激を感じると、涙の量を増やして外に排出しようとする働きがあります。

 

その為、コンタクトレンズを入れた場合も、異物と見なされ涙の量が増えます。

涙の量が多くなると、目やにの量も増えるため、コンタクトをしている方は、裸眼の時と比べると多くなったと感じると思います。

 

また、コンタクトレンズにホコリ、細菌やウイルスなどの汚れやが付着していると、アレルギーの原因となり目に炎症を起こす場合があります。

 

コンタクトは装着するだけで、目に大きな負担をかけます。その為、使用時間を正しく守り、清潔に保存することが重要です。

目に何かしらの異変を感じた場合は、コンタクトの使用をすぐに中止し、眼科を受診しましょう。

おわりに

目やには、目の分泌物や老廃物などが混じったものです。目はこれらの不要物を外に排出しようとする為、目やにが出来ます。

 

目やには、鼻くそや垢などと同様に、誰にでも出来る物ではありますが、大量に出来ている場合や、色や状態に異常がある場合は、目の病気が原因となっている可能性があります。

このような場合は、目を清潔に保ち、すぐに眼科を受診されることをおススメします。