「スマホ老眼」という言葉を聞いたことありますか?

スマートフォンやPC、タブレットなど様々な電子機器を、当たり前に使う時代になりました。

 

便利になってきている一方で、これらの電子機器が影響して20代や30代という若い世代から老眼になる方が増えてきています。

ここでは、このスマホ老眼についてご紹介します。

スマホ老眼とは?

スマホ老眼とは、スマートフォンやPC、テレビ、タブレット、ゲーム機、ディスプレイなどの私たちの身近な電子機器を使うことで、老眼になることです。

通常、老眼は加齢によって発症する目の障害であり、40歳を過ぎてから老眼の症状が起こり始めると言われています。

 

しかし、近年では電子機器を使用することで、目に影響を与え、20代や30代という若い世代から老眼の症状を訴える方が増えています。

老眼になると、近くの文字が見えずらいと感じます。新聞や本などの細かい文字を近くで読む時に、距離をとらないとぼやけて読みづらいと感じます。

 

また、近くから遠くや遠くから近くを見る際に、ピントの切り替えが遅くてぼやけたり、薄暗い場所で文字を読むことが難しくなったり、更に進行すると頭痛、めまい、肩こり、疲れる、吐き気、眼が痛いなどの症状も合わせて伴います。

スマホ老眼の原因とは?

スマホ老眼は、スマホやPCなどの電子機器に使用されているブルーライトという光が、原因の1つと言われています。

このブルーライトは、強い光を放ち目の奥にある網膜にまで届き目に悪影響を及ぼします。

これを長時間浴びることで、目を疲れやすくし、目のピント力が低下し老眼が促進されます。

 

また、このブルーライトは、光の量を調整する虹彩(こうさい)という部分にも影響を与え、虹彩の働きが低下すると、光を上手く取り入れられなくなる為、薄暗い場所で文字を読むことが難しい、色のコントラストが分かりにくくなります。

 

その他にもスマホやPCなどを使用する際には、距離が近いことも老眼を引き起こす原因になります。目には水晶体と呼ばれる、物を正確に捉える為のピントの調節機能が備わっています。

 

目の中にある毛様体と呼ばれる筋肉が、この水晶体を引っ張ったり緩めることで水晶体の厚みを変えてピントを調節します。

近くを見ている時には、近い距離でピントを合わせる必要がある為、毛様体の筋肉を緊張させて水晶体の厚みを緩めてピントを合わせます。

 

常に近くのものを見ていると、水晶体の厚みを変化させる柔軟性が衰えたり、毛様体の筋肉に負担がかかり衰えたり、凝り固まってしまい、ピント調整を上手くすることが出来なくなり、老眼の症状が現われます。

おわりに

スマホ老眼はスマホやPCなどが原因となって引き起こされる老眼のことで、20代、30代の若い世代でも発症します。最近近くの字が見づらいと感じる方は、まずは眼科医を受診しましょう。

 

老眼は改善しないと進行する為、老眼と診断された方は、早めに対策をしてください。

手術をすることもできますが、老眼は自分で改善することも可能です。

 

ブルーライトから目を守るルテインという栄養素が重要で、緑黄色野菜に多く含まれています。

また、サプリからもルテインを摂取することができます。
私はドライアイ対策で飲みましたが、こちらの記事も参考にしてみてください。