VDT症候群という病気を知っていますか?

この病気は、PCなどのディスプレイ表示機器を長い時間使用することで目や体、心に支障をきたす病気です。

仕事でPCの使用が増えてきている為、患者数も年々増加傾向にあります。

 

特にパソコンの作業時間の長さに比例している為、パソコン作業を行うIT企業で仕事をしている方の60%~80%の方に何らかの目の症状が現われていると言われています。

ここでは、VDT症候群の原因や症状、治療方法について詳しくご紹介します。

VDT症候群の原因

VDT症候群は、PCなどの表示機器を長時間に渡り同じ姿勢で行うことによる筋肉の緊張や疲れが原因となり発症します。

長時間同じ画面や近くのものを見続けている、同じ姿勢でいるといったことで、目や体の筋肉が凝り固まり、それらによるストレスにより心にも支障が現われ始めます。

影響のある表示機器は様々あり、代表するものはパソコン、スマートフォン、タブレット、テレビゲーム、ポータブルゲームなどが挙げられます。

 

また、これらの表示機器からは、ブルーライトという強い光が放たれています。この光は目の奥にある網膜にまで届き、目を疲れさせます。

このブルーライトは、VDT症候群の直接の原因にはなりませんが、眼精疲労を招き症状を悪化させる原因になります。

VDT症候群の症状

VDT症候群が発症すると、目や体、心に様々な症状が現われます。

ここでは、3つの症状に分けて、紹介します。

①目の症状

パソコンやゲームなどの表示機器を使用している間は、まばたきの回数が通常の10分の1ほどに減り、目に潤いがなくなります。

 

また、同じ画面を見続けることで、目の筋肉が凝り固まり、様々な症状を引き起こします。初期症状では、目の疲労や痛み、乾き、かすみ、物がぼやける、視力が落ちる、充血などの症状が現われ、悪化すると近視や結膜炎、角膜炎、眼精疲労、ドライアイなどの視力の低下や目の病気を引き起こします。

 

特にコンタクトレンズを使用している方は、比較的に目の負担が大きくなる為、より症状が現われやすくなります。

②体の症状

姿勢が悪い状態や長時間同じ姿勢で作業をすると、体の筋肉は緊張し凝り固まります。

 

また、筋肉の緊張により血管を圧迫して血液の流れを悪くし、老廃物が溜まり痛みを感じたり、むくみなどの症状が現われます。

この症状を改善しないと、老廃物が溜まり続け、悪化したり慢性化します。

 

初めは首や肩、腰などのコリや痛みの症状から始まり、ひどくなると腕や手指、背中にまで広がりしびれを感じます。

③心の症状

疲れ目や体に起こった症状を放置すると、更に悪化して精神的な症状が現われ始めます。

 

長時間に渡り表示機器を使用することで、ストレスが溜まり始め、食欲がなくなったり、イライラする、不安感、抑うつ症状、頭痛、めまい、睡眠障害、生理不順、動悸、耳鳴り、痙攣などの様々な症状が引き起こされます。

特に抑うつ状態になるほどストレスがかかった状態になると、うつ病に発展してしまう可能性があります。

 

抑うつ状態とは、うつ病とは異なり、気分の落ち込み、理由がなく悲しい、辛い、むなしい、悲観的になるといった状態のことです。

この状態を放置した場合は、パソコンを使うだけでうつ病になる可能性があるので、すぐに生活改善をする必要があります。

VDT症候群の治し方

この病気の原因は、長時間のパソコン作業が原因です。

その為、パソコンを使用しないことが根本治療に繋がります。

 

しかし、仕事上パソコンを使用しないという判断は難しい方が多いと思います。

ですので、体操したり、休息をとったり、出来るだけ負担のかからない姿勢で行うなどの対策をとることが症状を緩和させるのに重要になります。

ここでは、作業環境や生活改善方法をご紹介します。

VDT症候群の改善方法

・長時間作業を行う場合は、1時間に10分~15分ほどの休憩を取る。
・凝り固まった筋肉をほぐす為に、肩をまわしたり、ツボを押すなどして、軽いストレッチや体操をこまめに取り入れる。
・目が悪い方でパソコンを使用する際にはコンタクトを止めて、出来るだけメガネを使用する。
・メガネやコンタクトは度数が合ったものを使用する。
・コンタクトをしている方は、目の乾きを感じたら目に潤いを与える点眼薬を使用して目の乾きを防止する。
・蒸しタオルを目の上にあてて目の血行をよくする。
・遠くの眺めを見て、目の筋肉の緊張をリフレッシュさせる。
・ディスプレイの位置は光が反射しない場所に置き、目線が少し下向きになる高さに調整する。
・ディスプレイに反射光を抑えるフィルターをつける。
・ディスプレイと目の距離は40cm以上あける。
・パソコン使用中、目の乾燥を出来るだけ避ける為に、直接空調があらたない場所に移動したり、加湿器を置くなど工夫をする。
ブルーライトカットに効くサプリを飲む

おわりに

パソコンなどのディスプレイ機器を使用する機会が多くなっている現代では、VDT症候群という病気を発症する患者数も増えてきています。

この病気は、長時間のパソコン使用が原因となって発症する目や体、心の病気で、症状はパソコンの使用時間に比例して増加します。

症状を緩和させるには、パソコンの作業環境や生活改善が必要になります。今回ご紹介した内容を上手く取り入れて改善しましょう。